MENU

雨漏りのお困りごとは雨漏り奉行へお任せください

お家の雨漏り・・・放っておいても被害が拡大するだけ。雨漏り奉行は雨漏りの根本解決を目指します。そのためには雨水の侵入箇所を確定することが重要です。当たり前なことですが実際にはほとんどが出来ておりません。雨漏れの原因特定をせずに外壁・屋根塗装をしていませんか? 雨漏り奉行では2つの考えで取り組んでいます。

既成概念を持たない
雨漏りの原因は固定観念・既成概念を持たず、フラットな感覚で取り組まないと見つかりません。例えば雨漏りの発生箇所は多くが外壁です。雨を直接受ける屋根ではありません。 雨は予測できない経路から家の内部へ出てきます。雨漏り奉行の雨漏り診断士は既成概念を持たずに雨漏り補修の経験から対処策をご提案します。
雨は必ず止められる
雨漏りの原因究明をせずに屋根外壁を塗装しても数年後に再び雨漏りが発生するだけです。そのためには「雨を止める」という強い信念を持ち原因を解明します。根気よく、辛抱強く、冷静に、経験豊富な雨漏り診断士が雨漏りの原因を特定します。

雨漏りについて

雨漏り奉行とは雨漏りの原因調査から診断、補修までワンストップで対応します。

壁の雨漏れ
雨漏りの原因
家自体の経年劣化、暴風・台風などの強い嵐、近年の雨量の増加、コーキング処理箇所、新築時の不良施工の5つが主な原因として考えられます。
クラックからの雨漏り
主な雨漏りの発生箇所
屋上ドレン、笠木裏、外壁の幕板、ドーマ・天窓、タイル・レンガ目地割れなど経路は多く考えられます。
ヒアリング
雨漏り診断・点検
ヒアリング、目視検査、内部・外部雨漏り箇所検証、雨漏り浸入箇所の仮説組み立て、サーモグラフィー検査、散水調査とあります。
外壁診断
屋根・外壁劣化診断
屋根・外壁は定期メンテナンスが必要です。そのために屋根・外壁劣化診断があります。診断は「外装劣化診断士」など有資格者が行います。
散水試験
診断費用について
診断は無料で行います。ヒアリングから目視診断、サーモグラフィー診断・散水調査などです。診断後の補修工事や修理は有料となります。
雨漏り補修
雨漏り修理・補修
雨漏りの修理・補修はひどさの度合いにより、必要な処置は変わります。雨水の侵入を防ぐ応急処置と、雨を外へ逃がす雨仕舞い施工です。
補修工事の保証
保証
雨漏り奉行で施工した工事は自社補償と瑕疵保険の2つを用意しています。万が一のときにもご安心できます。

NHK「首都圏ネットワーク」に取材されました

2015年6月11日放映のNHK「首都圏ネットワーク」にて雨漏り点検について取材を受けました。大雨シーズンに備えて外壁の亀裂や変色といった雨水の侵入経路とそのチェックについて説明させていただきました。

NHKホームページ
取材風景
取材風景
取材風景
取材風景
雨染み
雨染み
劣化状況

雨漏りコラム

雨漏りと屋根の種類
2016-12-01

葺き替える前に知っておきたいこと 雨漏りが原因で屋根の葺き替えが必要になると、中には思い切って屋根の構造を変え […]

雨漏りと葺き替え
2016-11-20

屋根改修の“最後の手段” 何らかの理由で屋根の劣化を放置していると、やがて屋根は屋根の役割を果たせなくなります […]

雨漏り前の塗り替え
2016-11-10

雨漏り予防としての塗り替え 雨漏り診断をしていると、屋根の塗り替え時期を過ぎているのに放置し、内部を雨水に浸食 […]